ノンデザイナーズ・デザインブック[第4版]

ノンデザイナーズ・デザインブック[第4版]

Robin Williams 著 吉川典秀 訳 小原 司、米谷テツヤ [日本語版解説] 9  

書籍概要

デザインのプロではない人、本格的には学習する時間がない人のために書かれた本。 4つのデザインの原則とされた、近接、整列、反復、コントラストについて、パッケージ、パンフレット、広告、ウェブ等のデザインへの応用までカバーされている。

近接

関連する項目をまとめてグループ化する

整列

ページ上の全てのものを意識的に配置する

反復

デザイン上の何かの特徴を作品全体をとおして繰り返す

コントラスト

読者の目をページに引き付けるために様々な要素にコントラストをつける  

感想

悪い例と良い例を見比べて、なぜこちらの方が良いのかという解説の繰り返しなためとても分かりやすいが、中級者や、デザインの知識がすでにある人には解説がくどく感じた。 ただし、初心者向けの基本を学習するコンセプトと考えれば適切。 特におもしろいと感じた部分はデザインを学ぶことと人生を密接に関連付けていることで、知識を得るまでは気にも留めなかったようなことも、一度理解してしまえば意識してコントロールできるようになる、という言葉がとても印象的でした。 デザインは全ての要素において意識的でなければならないと書かれていましたが、なんとなく過ごしているだけではパッとしない日々の繰り返しだと考えれば、デザインと人生を同様に考えることも大袈裟ではないように感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です