Google Web Fontsの使い方と人気のフォント

Web FontsはHTMLとCSSに簡単な記述をするだけで、ユーザーの環境に依存しないフォントを表示することができます。 ですが、読み込みが必要になるので文字数が膨大であればページを表示したときに多少のラグが起こり得るというデメリットがあります。 このデメリットを少なくしたのがGoogle Web Fontsです。 Google Web FontsはGoogleサーバーから配信されているため、読み込みでラグがでることがほとんどありません。  

・GoogleFontsの使い方

  公式ページからフォントを選び、各フォントの右上にある赤い+をクリックします。 そうすると右下にFamily Selectedとでてくるので、この中に表示されているSTANDARDの下の<link ~のリンクをHTML内のhead内にコピーして貼り付けます。 さらにSpecify in CSS の下にあるfont-family: ~ をCSS内の適用させたい箇所に貼り付けることで選択したフォントを利用することができます。  

・人気フォントの紹介

  セリフ、サンセリフ、スクリプトの3つのカテゴリからそれぞれ人気の高いフォントを紹介します。

【セリフ】

Playfair Display Quando Fenix  

【サンセリフ】

Work Sans Rubik Fira Sans  

【スクリプト】

Euphoria Script Rouge Script Cookie  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です